外国人技能実習生受入事業

外国人技能実習制度とは、外国より技能実習生を受け入れ、一定の在留期間に職場で作業を行いながらの研修を通じて、技能実習生への技術・技能の移転を図り、その国の経済発展を担う人材育成を目的とした制度です。

入国管理法に基づいて法務省入国管理局が実施している制度で、当組合では、事業の健全な推進のため、財団法人国際研修協力機構(JITCO)の指導のもと、外国人技能実習生の受入れに関心のある組合員様をサポートいたします。

技能実習生受入れのメリット

技能実習生受入れの期間

技能実習期間は基本1年間で、1年間の技能実習終了後に技能検定試験等の結果により、実習の成果が一定水準に達したと認められた場合、再雇用関係のもとで技能実習生として更に2年間の技能実習を延長することができます。

技能実習生受入れの条件

受入れ企業は、次の実習生受入れ条件を満たしていることが必要です。

【1】 実習内容が単純作業・反復作業でないこと、
【2】 実習生用の宿舎・実習施設を確保すること、
【3】 受入れ企業の決算で赤字が続いていないこと、
【4】 実習指導員(受入業種で5年以上経験を有した常勤職員)をおくこと、
【5】 生活指導員をおくこと、
【6】 社会保険・雇用保険・厚生年金・労働災害保険が完備されていること

実習生受入れの対象業種

受入れ業種は、建設関係、機械・金属関係、食品関係、繊維関係、その他(印刷、製本など)の各業種で、64職種120作業について最長3年間の受け入れが可能です。
その他の業種に関しては、別途御相談下さい。

技能実習生受入れのサポート